11 缶詰、びん詰の表示

表示事項

表示事項は、品目によって若干の相違はありますが、缶詰の側面に次の事項が表示してあります。

  • (1)名称(品名)
  • (2)形状
  • (3)内容個数または内容物の大きさ
  • (4)原材料名
  • (5)内容量(固形量、内容総量)
  • (6)賞味期限
  • (7)使用上の注意
  • (8)原産国名(輸入品)
  • (9)製造者、または販売者の住所・氏名(名称)

なお、これらの表示方法については詳細な規定があります。例示すると、次のとおりです。

白桃缶詰の一括表示例

缶マークの読み方について

缶詰の缶マークは缶のふたに品名、賞味期限年月(日)及び工場名をそれぞれ表す記号を3段に組み合わせて示してあります。ただ、最近では品名記号と工場は別に表示しているために缶ぶたへの記載を行わず、賞味期限年月(日)のみを表示した製品が多くなっております。

3段に組み合わせて表示した場合の例は次のとおりになります。

▼ 絵の最上段は品名記号で、はじめの2文字が原料の種類、3字目が調理方法、4字目が形状・大小を表しています。
これらの記号は、英名等の頭文字をとったものもありますが、大部分は単なる記号であって特に意味はありません。原料の種類と調理方法については、缶胴とラベルに邦文で名称(品名)と原材料名が印刷して表示してあります。果実缶詰及び野菜缶詰のうち、内容物の大きさや個数を表示する必要のあるものは、それを表す記号のみを表示し、その記号の説明を缶胴の一括表示欄に印刷して、商品の選択に利用できるようにしています。

▼ 賞味期限年月(日)の記号は、中段に数字で示しています。
はじめの2文字は年で、西暦年号下2ケタの数字で表し、3字目及び4字目は月で1~9月は01~09、10~12月はそのままの数字で示します。5字目及び6字目は日で1~9日は01~09、10日以降はそのままの数字で示します。なお、長期間の保存が可能な缶詰の賞味期限表示は「年月」までが義務づけられており、「日」は表示してもしなくともよいことになっております。法律的にはこのようになっておりますが、多くの缶詰は年月日まで表示されています。

▼ 製造工場記号は絵のように最下段に示します。
この記号は、消費者庁に届出てあるもので、必要なときにどこの工場で作られたものか分かるようになっております。しかし、容器には必ず製造業者または販売業者の名称と所在地が表示してあり、これら表示業者がその製品について責任をもって対応しますので、個別の工場記号について特に知る必要はないと思われます。