FDA登録支援事業

米国バイオテロ対策規則:施設登録の代行「FDA施設登録管理サービス」

2003年12月12日より米国バイオテロ対策規則が実施されています。この適用を受け、対米輸出する食品の製造、包装、保管施設はFDAに登録する必要があります。日本缶詰びん詰レトルト食品協会では関係企業のために、この施設登録手続きを代行いたします。

FDA施設登録サービスを申し込まれると、本会専属の米国代理人を利用し、必要な施設登録手続きを代行します。登録後もFDAからの連絡がある場合の解説と、関連規則の情報を提供します。

  • FDA施設登録サービスは従来のFDA工場登録(低酸性食品、酸性化食品取締規則 21CFR Part 113,114)とは異なるものです。
  • すでにFDA工場登録でFCE番号をお持ちの工場も新たに登録が必要です。
  • 米国代理人の使用など提供サービスは、2年度目以降はお申し出のない場合、自動継続となります。

サービス料金

米国代理人および施設登録費用【初年度】(税別)*

登録施設 本会会員 本会非会員
国内登録施設数1ヶ所 50,000円 80,000円
施設数2ヶ所以上 35,000円 60,000円

2年度目以降の「FDA施設登録管理サービス」の年度費用は以下の通りです。 (税別) *

FDA関連書類サービス加入(1施設につき) 15,000円
FDA関連書類サービス非加入(1施設につき) 20,000円
日本缶詰びん詰レトルト食品協会非会員(1施設につき) 30,000円

* お申し込みの条件によってはこれ以外の料金が必要な場合もあります。詳細は担当までお問い合わせください。

申込み方法

申込書(PDF)に必要事項をご記入のうえ、FAXにてお申込みください。

お申込み・お問合せ先

(公社)日本缶詰びん詰レトルト食品協会
研究所
電話:045-790-1221
FAX:045-790-1222
〒236-0004 横浜市金沢区福浦2-5-3

米国バイオテロ法に関する情報

「米国バイオテロ法に関する情報」がJETRO(日本貿易振興機構)のサイトで公開されています。
以下リンク先をご覧ください。
http://www.jetro.go.jp/world/n_america/us/foods/bioterrorism/

アメリカに低酸性および酸性化食品の缶詰、びん詰、レトルト食品を輸出する場合、FDAへ工場登録および殺菌条件の申告が必要です。日本缶詰びん詰レトルト食品協会 研究所では、登録および申告の代行をFDA登録支援事業として行っています。詳しくはお問合せください。

お問合せ先

(公社)日本缶詰びん詰レトルト食品協会
研究所
電話:045-790-1221
FAX:045-790-1222
〒236-0004 横浜市金沢区福浦2-5-3

日本語訳手引き書の販売も行っております。以下をご覧ください。

このページの上部へ